【主婦目線】バリスタWを口コミレビュー!使って感じたメリット・デメリット

日本で一番売れているという「ネスカフェゴールドブレンド バリスタ」。

我が家には既に「ドルチェグスト」と「ネスプレッソ」のコーヒーマシンがあるので、バリスタは持っていませんでした。

だけど、最近、朝食にバターコーヒーを飲み始めたこともあり、「安くて簡単に使えるコーヒーマシン」としてバリスタもお迎えしました。

使っているのは、「バリスタW」。

今、ネスレのHPから無料でレンタルできる最新型バリスタです。

実際使ってみたら、やっぱりすごく簡単!

本当にボタン1つで美味しいコーヒーができるので、手軽にコーヒーを飲みたいときにピッタリ。レンタルして良かったと思っています。

だけど、色々気になる点、というかちょっと改善してほしいなぁと思う点もあったので、本音でレビューを書きますね。

バリスタを使ってみようか迷っている方の参考になると嬉しいです。

ネスカフェバリスタW口コミ!メリットをレビュー

まずは、ネスカフェバリスタWで気に入っている点を口コミレビュー!

列挙したらメリットが5個もありました。

  1. コーヒーを入れるのが楽
  2. 色んなコーヒーが美味しい
  3. 一杯あたりの価格が安い
  4. 掃除も楽
  5. 味のカスタマイズできる

コーヒーを入れるのが楽

バリスタWを使い始めて一番感じているのは、とにかく「コーヒーを入れるのが楽」ということ。

普通だと、お湯を沸かしてコーヒーを用意して・・とそれなりに時間がかかりますよね。

だけど、バリスタWは本当にボタン1つでコーヒーが淹れられるんです!

これはね、もう本当にラク。

「あー、コーヒー飲もう」と思ったときに、瞬時に淹れたてのコーヒーを飲める快適さ。

バリスタWにはアイスコーヒーボタンもあるので、氷の入ったグラスさえ用意すれば、美味しいアイスコーヒーがあっという間にできちゃいます!

もう本当に便利なので、一度経験してみると手放せません!

色んなコーヒーが美味しい

バリスタWは、いろんな種類のコーヒーメニューが淹れられるのも魅力の1つ。

  1. エスプレッソ
  2. ブラックコーヒー
  3. ブラックコーヒーI(マグサイズ)
  4. カフェラテ
  5. カプチーノ
  6. アイスコーヒー

牛乳やネスレブライトがあれば、カフェラテとかカプチーノも、ボタン1つで簡単に作れます。

バリスタWのボタンを押すと、すぐにコーヒーの良い香りが漂ってきます。

コーヒーの「アロマ」っていうんでしょうか。

忙しい朝、バタバタ家族を送り出したときのコーヒーの香りに癒される毎日です。

一杯あたりの価格が安い

コーヒー1杯あたりの値段が安いのは、バリスタの大きな魅力!

ドルチェグストは1杯60円以上、ネスプレッソは100円以上しますが、バリスタはなんと1杯14円~という破格の安さです。

価格は使用するコーヒーによって少し変わります。

当然、ドルチェグストやネスプレッソとは異なり、バリスタはインスタントコーヒーですし、豆の品質も違うので、値段が違うのも当然といえば当然。

だけどね、バリスタWを使うと、安いインスタントコーヒーでも美味しくなるから嬉しいですよね。

普通に淹れると絶対できない「クレマ(泡)コーヒー」も、バリスタなら作れてしまうのもポイント。

クレマがあるだけで口当たりがよくなって、まさに味は本格派。

とても14円のコーヒーとは思えません。

掃除も楽

ボタン1つでコーヒーが飲めるといっても、掃除が面倒なのはイヤですよね。

だけど、バリスタWは掃除も簡単。

毎日掃除するのは3か所のみ。

  1. 給水タンク
  2. コーヒーの受け皿
  3. 攪拌する部分

サッと水洗いでOKなので、面倒な掃除が嫌いな私でも、苦なく使うことができています。

味のカスタマイズできる

バリスタで淹れるコーヒーはいつも同じ味。

味にブレがないのは良いのですが、「もう少し濃いコーヒーが飲みたい」とか「クレマI(泡)をもう少し多くしたい」とかカスタマイズしたい場合もありますよね。

そんなときは、バリスタ本体orネスレアプリで自分好みにカスタマイズできちゃいます。

人によって味の好みは様々なので、カスタマイズ機能は嬉しいですよね。

私も、バターコーヒーを入れるときは、お湯の量を少し多めに設定して淹れています。

ネスカフェバリスタW口コミ!デメリットをレビュー

ネスカフェバリスタWのデメリットというか、「できれば改善してほしい」と思うのは、次の3点。

  1. 一定期間同じ味しか飲めない
  2. アプリを使うと時間かかる
  3. マシン精度の限界を感じる

一定期間同じ味しか飲めない

バリスタは、コーヒー豆「エコ&システムパック」をマシン上部にセットして使います。

一度セットすると、次のセットするのはエコ&システムパックが空になったとき。

すなわち、セットしたエコ&システムパックをすべて飲み切るまでは、ずっと同じコーヒーを飲み続けないといけません・・・・!

例えば、ゴールドブレンドと香味焙煎を買った場合、一度ゴールドブレンドをセットしたら、ゴールドブレンドと香味焙煎を一杯ずつ交互に飲むというのは不可。

ゴールドブレンドを飲み切るまでは、香味焙煎は飲めません。

これは、ちょっと嫌だったなー。

バリスタの一番の難点だと感じました。

今まで使っていた「ドルチェグスト」も「ネスプレッソ」もコーヒー豆の入ったカプセルを1杯1杯セットして使うタイプだったので、毎回当然に違う味のコーヒーを楽しめたわけです。

なのに、バリスタは・・・30杯くらい飲み続けないと次の味に進めないっていう・・・

バリスタの構造上やむを得ないかもしれませんが、なんとか1杯ずつ違う味のコーヒーを作れるようにならないかなと思っています。

アプリを使うと時間かかる

バリスタWは、マシンのボタンを押さなくても、スマホのネスレアプリを使ってコーヒーを淹れることができます。

アプリを使って淹れるメリットは次の2つ。

  1. ネスレポイントが溜まる
  2. 味のカスタマイズができる

これはこれで良いのですが・・・アプリの欠点としては、時間がかかること!

マシンのボタンを押せば秒速でコーヒーが作れるのに、アプリ経由でコーヒーを淹れると結構時間かかります。

体感としては・・・1分くらい見積もった方がいいかも。

だから、時間のないときは、アプリは使いません。

ただ、カフェラテ&カプチーノのカスタマイズをしたいときは、どうしてもアプリ経由じゃないとできないんですよね(エスプレッソとブラックコーヒーのカスタマイズは、バリスタW本体で設定できます)。

なので、アプリでももっと早く抽出できるように改良するか、もしくはカフェラテ&カプチーノのカスタマイズも(アプリを経由することなく)バリスタW本体でできるように改良してほしいですね!!!

マシン精度の限界を感じる

あと、最後は愚痴のようになってしまうのですが・・マシンの精度がもう少し上がると嬉しいなぁと思います。

具体的には、次の2つ。

  1. 残量の認識が微妙
  2. ペアリングが途切れがち

残量の認識が微妙

バリスタWって、セットした「エコ&システムパック」のコーヒー残量が少なくなると、「コーヒーが少なくなりましたよ」というコーヒー豆の形のマークが点灯するんです。

ただ、ちょっと点灯するのが早いような気がしています。

先日も、あと10杯分くらいは残っているのに、残量不足のマークが点灯!

このマークが点灯すると、もうバリスタWは可動してくれないんです。

バリスタWを再度動かすためには、新しい「エコ&システムパック」をセットする必要がありますが、その場合、残っている豆と新しい豆が合わさってしまい、期せずしてブレンドコーヒーになってしまいます・・・

違う種類のコーヒー豆が混ざるのは、あまり嬉しくない私。

本当にラスト1杯の残量になったときに、残量不足マークが点灯するように改良されるといいなぁと思います。

ペアリングが途切れがち

あと、私はネスレポイントを貯める目的で「ネスレアプリ」経由でコーヒーを淹れることが多いのですが、アプリとバリスタWのペアリングが時々切れてしまうんですよね・・

ただでさえ、アプリ経由だとコーヒーを淹れるのに時間がかかります。

それに加えて再度ペアリングをし直すとなると・・・もう悲しい!!

バリスタWのメリットである「ボタン1つで簡単にコーヒーが淹れられる」ことが叶わなくなってしまうので、この点もなにか改良されるといいなぁ。

ネスカフェバリスタWの口コミレビューまとめ

満を持して使った感のある「ネスカフェバリスタW」、思ったよりも断然美味しかったし、何よりも淹れるのが楽でした。

いろいろ細かい部分が気になるところはありますが、簡単に美味しいコーヒーが飲みたいというニーズは叶えてくれるので、使ってみてよかったなぁと思います。

ネスレのエコ&システムパックの定期便を頼めば、バリスタWは無料でレンタルできますので、興味のある方は使ってみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする