ラティシマタッチとエアロチーノではミルクの「泡」が違うって知ってた?

ネスプレッソでカプチーノやマキアートなどのミルクメニューが飲みたいとき、どのマシンを買いますか?

ミルクメニューが作れる「ラティシマタッチ」を選ぶべきか、ネスプレッソ本体とエアロチーノの両方を買うべきか、迷いますよね。

私も迷ったので、思い切ってネスプレッソブティック表参道で相談してみました!

そうしたら、なんとラティシマタッチとエアロチーノではミルクの泡の質感が違うという事実が発覚!!

もうビックリです。

実際にラティシマタッチとエアロチーノを使ってカプチーノ。

ちょっと泡の感じが違うのが分かりますか?

エアロチーノ4で作ったカプチーノの方がモコモコ泡なんです。

ミルク泡の違い

エアロチーノ:細かくて固いモコモコ泡

ラティシマ:荒くて柔らかい泡

このページでは、エアロチーノとラティシマシリーズ(ラティシマプロ、ラティシマタッチ、ラティシマワン)のミルクの泡が違う理由とそれぞれの泡の質感、一番お得な購入方法についてまとめました。

マシン選びの参考になると嬉しいです!

\エアロチーノ派ならマシンはレンタルがお得!/

無料レンタル(ネスプレッソマシン)はこちらから

ラティシマタッチとエアロチーノの泡が違う理由

ラティシマタッチとエアロ―チーノでは「ミルクの泡の作り方」が違うので、泡の質感が異なります。

ラティシマタッチは高温のスチームでミルクを温める方法、エアロチーノはヒーターで加熱する方法で泡を作ります。

ミルク泡の作り方

ラティシマタッチ:スチーム型

エアロチーノ:ヒーター型

ネスプレッソブティックで温め方の違いを聞くまでは、スチーム型とヒーター型で泡の出来方が違うなんて知りませんでした。

ラティシマタッチの泡はスチーム型

ラティシマタッチなどのラティシマシリーズは、スチームを使ってミルクの泡を作っています。

具体的にはココ↓↓

この部分に吸い上げたミルクをスチームで温めて泡状にしてからノズルでカップに注いでいます。

スタバなどの業務用のコーヒーマシンでもスチーム型を採用していることがほとんどだそう。

エアロチーノの泡はヒーター型

エアロチーノはヒーターでミルク全体を温めて泡を作っています。

私が持っているエアロチーノ4。

エアロチーノにミルクを入れて土台にセット。

作りたい泡を選んでポチっと押すとモコモコ泡が作れます。

ポイントは、出来た泡をグルグル回すこと!

エアロチーノの使い方もこちらの記事に書きました。

\エアロチーノ派ならマシンはレンタルがお得!/

無料レンタル(ネスプレッソマシン)はこちらから

ラティシマタッチとエアロチーノの泡を比較

ラティシマタッチとエアロチーノで作った泡を実際に比較しながら見てみましょう。

まずはラティシマタッチから。

ラティシマタッチの泡は調整可能

ラティシマタッチでは、マシンの上にある丸い部分で、自分の作りたい泡の質感を粗さなど調整することができます。

ラティシマタッチで作る一番細かい泡

ラティシマタッチで一番細かい泡に設定するとこんな感じ。

さきほどエアロチーノの泡と比べたのはこちらの泡ですね。

ラティシマタッチで作る一番粗い泡

逆に、一番粗い泡に設定するとこんな感じ。

粗い泡の方は、泡の1つ1つも大きくて洗剤の泡をイメージすると分かりやすいかもしれません。

私も飲んでみましたが、正直なところ、ラティシマタッチで作る一番洗いミルクの泡は「泡」をあまり感じることができませんでした。

この辺りは個人の好みの問題だと思いますが、ラティシマタッチで泡を楽しみたい方は一番細かい泡に設定すると良いですよ。

エアロチーノの泡はモコモコ

エアロチーノ4では4つのメニューを作ることができます。

エアロチーノ4の泡の種類
  1. 冷たい泡
  2. ホットミルク(泡なし)
  3. 温かい泡(細かめ)
  4. 温かい泡(モコモコ)

一番モコモコの泡はこんな感じ。

もうカップから溢れんばかりのモコモコ感です。

飲む時もスゴイですよ。

っていう感じ!!!

冷たい泡が作れるのはエアロチーノだけ

あと、大事なポイントとしては、冷たい泡が作れるかどうか

エアロチーノでは、3でも4でも冷たい泡が作れます。

だけど、ラティシマタッチは残念!

温かい泡しか作れないんです。

冷たいミルクフォームを作れるのはエアロチーノだけ!

冷たいミルク泡なんて必要なくない?

たしかに、冷たい泡の出番は少ないように感じますが・・・夏場はどうでしょう?

みなさん、アイスコーヒー飲みませんか?

毎年発売されるネスプレッソのアイスコーヒーはとても美味しいです。

アイスコーヒーに温かい泡を注ぐわけにはいけませんよね。

そういう意味でも、ラティシマタッチを購入してもエアロチーノは必須だと思っています。

泡を楽しみたいなら断然エアロチーノ

ラティシマタッチの泡にするか、エアロチーノの泡にするか迷うときは自分の好みの方を選ぶと良いと思いますよ。

さっくりとした、あまり泡感を感じないミルク泡が好みならばラティシマタッチが良いと思います(ちょっとマシンのお値段は高いですが)。

反対にモコモコの泡を目一杯楽しみたいならばエアロチーノが良いと思います。

どっちにする?

荒くて柔らかい泡なら「ラティシマタッチ」

細かいモコモコの泡なら「エアロチーノ」

私自身、最初はミルク泡のことを軽視していて、100円均一で売っている電池式のミルク泡メーカーで十分と思っていたんです。

だけど、エアロチーノのミルク泡を飲んで開眼してしまいました。

単なる牛乳がこんなに美味しくなるの?!

こんなにゴージャスなカプチーノが自宅で飲めちゃうの?!

こんなのカフェでも飲んだことない・・(カフェはスチーム型なので^^)

そんな感じで、結局エアロチーノ4を購入しました。

ネスプレッソ本体は無料で「ピクシークリップ」をレンタルしているので、ラティシマタッチを買うよりもかなりコスパも良かったです。

\エアロチーノ派ならマシンはレンタルがお得!/

無料レンタル(ネスプレッソマシン)はこちらから

ラティシマタッチの最安値

ラティシマタッチの最安値を調べてみました。

最安値
公式サイト 29700円
amazon 22327円
楽天 20170円

2万円超えのラティシマタッチ。

かなり高価なマシンですよね。

以前、公式サイトのブラックフライデーセールではラティシマタッチがかなり安くなっていましたが、そういう特別なセール以外は楽天やamazonで買うのが良いですね。

エアロチーノの最安値

エアロチーノ4の最安値も調べてみました。

公式サイト 11,880円(エアロチーノ4)
amazon 11,500円(エアロチーノ3)
楽天 5,990円(エアロチーノ3)

こちらもamazon、楽天の方が安いですが、最新型のエアロチーノ4は公式サイトでしか販売されていないんです。

4と3では値段が随分違うね!

エアロチーノ4とエアロチーノ3を比較すると、かなりエアロチーノ4の方がいいなぁと思ったので、公式サイトで買うと良いかもしれませんね。

ネスプレッソ本体は無料レンタルがオススメ!

ネスプレッソ本体ですが、ネスプレッソブティックで相談したところ、

どのマシンで作ってもネスプレッソの美味しさは同じ

ということでした。

コーヒーの味が同じで、あとはミルクの泡が作れるかとかbluetoothと連動できるかという機能面がプラスされる感じになります。

ネスプレッソブティックで聞いたところ、表参道店の人気No.1は一番お安い機種「エッセンサ ミニ」。

だけどエッセンサミニでも11,880円するんですよね。

そういう意味だと、定価は17,820円もするピクシークリップが無料レンタルできるというのは本当に素晴らしいと思います。

無料レンタルはネスプレッソブティックなどの実店舗では取り扱っていません。

ネスレ公式サイトだけの特典なので、気になる方はチェックしてくださいね。

\17,820円が無料になる!/

無料レンタル(ネスプレッソマシン)はこちらから

まとめ

先日まではブラック珈琲しか飲まなかった私ですが、エアロチーノに出会ってからミルクコーヒーの美味しさを知ってまいました。

普通のコーヒーに牛乳をたっぷり入れると、コーヒーが牛乳に負けてしまうことがあるんですよね。

だけどネスプレッソはコーヒーの味が生きているので、調和してミルクの甘さを引き出したり、コーヒー感が失われなかったりと、特別なミルクメニューが味わえます。

是非ネスプレッソでカプチーノやマキアートを作ってくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする