エアロチーノ4購入!3と4の違いや使い方のコツを口コミレビュー

ネスプレッソブティック表参道店でエアロチーノ4を購入しちゃいました!

エアロチーノ3と4って何が違うの?

エアロチーノの使い方は難しい?

などなど、店員さんに色々質問しながら分かったコトは・・

エアロチーノは3でも4でもどっちだっていい。

それよりもエアロチーノの正しい使い方が超重要!

意外ですが、そうなんです。

何を選ぶのかよりも「使い方」が重要。

あと、

  • バンドルセットはお得じゃない。
  • ラティシマタッチとエアロチーノでは「泡のタイプ」が違う

こともわかりました。

エスプレッソブティック表参道で教えてもらったことをもとに、私は、

  • ネスプレッソマシンは無料レンタル
  • ミルクはエアロチーノ4

という組み合わせでカプチーノを飲んでいます。

「過熱式」という作り方で作るエアロチーノで作るモッコモコの泡、スゴイですよ。

100均などで販売されている簡易的なミルクフォーマーとは歴然としたパワーの違いを感じました。

スタバなどの普通のカフェは「加熱式」ではなく「スチーム式」です

これからエアロチーノ3と4の違いやエアロチーノを購入するうえで注意すべきした方が良い点を書きますね。

みなさんの美味しいネスプレッソ生活の参考になると嬉しいです!

\エアロチーノとご一緒に/

エアロチーノ3と4は何が違う?誰にオススメ?

エアロチーノとエアロチーノ3とエアロチーノ4の違いですが、実はあまり違いがありません 。

しいてあげれば、操作方法と値段の2つに違いがあります。

エアロチーノ3と4の主な違い
  1. エアロチーノ4の方が操作が簡単
  2. 値段(エアロチーノ3が断然安い)

1.操作方法

エアロチーノ3とエアロチーノ4では操作方法が違います。

具体的にいうと、スイッチの数とホットミルクの作り方が違います。

エアロチーノのスイッチ

エアロチーノ3とエアロチーノ4ではスイッチの数が違います。

エアロチーノのスイッチの数
  • エアロチーノ3:1つ
  • エアロチーノ4:4つ

エアロチーノ3は側面についているボタン1つで操作します。

ボタンの色が青くなったらアイスコーヒー用の冷たい泡。

ボタンの色が赤くなったら、温かい泡ができます。

エアロチーノ4は、エアロチーノの台座に4つのボタンが付いていて、このボタンをポチっとすることで冷たい泡が1種類、温かい泡が2種類作れます。

 ボタンが1つでも4つでも、操作性はあまり変わらないね。

ホットミルクの作り方

ホットミルクを作る場合はエアロチーノ4の方が断然ラクチンです。

エアロチーノ4の場合、左側から2つめのボタンを押すだけでホットミルクが出来上がります。

しかしエアロチーノ3でホットミルクを作るのは少し面倒。

まず、エアロチーノ3の中にある部品を取り出します。

マグネットで接着しているだけなので簡単に取り出すことができます。

取り外した部品を2つに分解。

片方の部品だけをもう一度エアロチーノ3に装着する。

リングを付けたままだとミルクの泡、リングを外すとホットミルクになります。

外にあるボタンをぽちっとな。

エアロチーノ3の場合、これだけやって、やっとホットミルクが飲めます。

 ボ部品の取り外しは結構大変でした。

ホットミルクの作り方は、圧倒的にエアロチーノ4の方が簡単ですよ。

ちなみに「アース線」

エアロチーノ3とエアロチーノ4には、感電防止のためのアース線が付いています。

エアロチーノの底の部分に水が付着したまま台にセットすると、ビビビっと感電する可能性があるとのこと。

そこだけ注意してエアロチーノを使ってくださいね。

2.値段

エアロチーノ3とエアロチーノ4の一番の違いは値段ですね。

エアロチーノ3はエアロチーノ4の半額くらいで購入できます。

価格
エアロチーノ3 5980円(ネット最安値)
エアロチーノ4 11,880円

エアロチーノ4は現時点ではネスプレッソ公式サイトでしか購入できないから割引されていないんだよね。

ちなみに、私がエアロチーノ3の値段をamazon、楽天、yahooショッピングで調べた結果、amazonは一番安かったですよ!

3.作れる泡の数

あまり重要ではありませんが、エアロチーノ4とエアロチーノ3では作れる泡の数が違います。

エアロチーノ4だと、温かい泡が2種類できるんです。

エアロチーノ3だと1種類しかできません。

だけど・・・個人的な感想としては、よっぽどミルクの泡加減に興味がある人以外は1種類で十分だと思いますよ。

正直、エアロチーノ4で作った2種類のミルク泡を比べてみても、そこまで違いはありませんから。

ちなみに、エアロチーノで作る泡と「ラティシマタッチ」で作る泡は全く別物です。

泡の製法が違うのですが、エアロチーノの泡の方がモコモコと弾力があるので私の好みです。

こちらの記事でラティシマタッチとエアロチーノの泡の比較をしています。

エアロチーノ3と4の選び方

エアロチーノ3とエアロチーノ4をどちらを購入しようか迷っている方にお伝えしたいのはただ1つ。

どっちでもいいよ!!

ちょっと投げやりに見えますが、そういうわけではなく、本当に好みの問題でどっちでもいいんです。

選ぶ基準としては、やっぱり次の2つですね。

  • 値段重視なら「エアロチーノ3」
  • ホットミルクを作るなら「エアロチーノ4」

あとは好みです!

値段だけ見るとエアロチーノ3の方を購入した方が良いですね。

普通に美味しい泡を楽しみたいなら、エアロチーノ3で十分ですよ!

私の場合、エアロチーノ4のデザインが好きだったのでエアロチーノ4を買いましたが、他にもホットミルクをたくさん作りたい方は、スプリングを外す手間が省けるエアロチーノ4の方が操作性が良いのでお勧めです。

エアロチーノで大事なのは正しい使い方

ということでやっと本題。

エアロチーノ3でもエアロチーノ4でも、すごく大事なのに皆さん知らない使い方のコツがあるんです。

それはぐるぐる回すこと!

エアロチーノをグルグルと回している

ミルクができたあと、グルグルっと回してください。

これはネスプレッソ表参道店で開催されているセミナーで学んできたこと。

ネスプレッソ社員の方からの直伝ですので必須スキルですよ!

結構ダイナミックにグルグルしていいです。

理由は分かりませんが、かなりグルグルエアロチーノを動かしても、中のミルクは全然こぼれません。

安定しない場合は、机の上においたままでグルグルと回してください。

泡が出来上がったあとにグルグルと回さないと、ミルクと泡が分離してしまいフワフワの泡にはならないそう。

出来上がったあとに一手間加えることでモッフモフのミルク泡を楽しめますので、是非やってみてくださいね。

カプチーノがぐっと美味しくなるよ!

バンドルセットよりもお得にエアロチーノ+ネスプレッソを使う方法

ネットやコストコでよく売ってるバンドルセット。

少しお得に購入できるので気にある方も多いと思いますが、個人的にはあまりオススメしません。

理由はそこまでお得じゃないから。

ネスプレッソ本体とエアロチーノを一緒に購入しても、数%しか安くなりません。

商品 価格(2018/12/22時点)
ネスプレッソ(ピクシークリップ) 11570円
エアロチーノ 5826円
ネスプレッソ+エアロチーノ 15455円(12%オフ

ネスプレッソをお得に使いたいなら、私はバンドルセットよりもネスプレッソの無料レンタルをオススメします。

そうすれば出費はエアロチーノ代だけですから!

「ネスプレッソって無料レンタルできるの?」

そう思った方は多いと思います。

あまり知られていませんよね。

実は、ネスレの公式サイト限定でネスプレッソのマシン本体を無料レンタルできるんです。

定価17,820円のピクシークリップが無料で使えるよ!!

無料レンタルはあまりにもお得なので、ネスレ公式サイトでの限定企画

表参道やデパートにあるネスプレッソブティックでは申し込むことができません。

しかも、無料レンタルすると3つのお得な特典まで付いてきます。

無料レンタル3つの特典
  1. カプセル5%オフ
  2. カプセル配送料が無料
  3. レンタル期間中はずっと無償保証

高いお金を出して購入するよりも無料の方がお得だと思ったので、私はエアロチーノ4だけを購入!

ネスプレッソ本体マシンは無料レンタルしています。

特に不便は感じません

ネスプレッソを無料でレンタルするにはカプセル定期便への申し込みが必要なので、詳細はこちらの記事でご確認くださいね。

ネスプレッソ無料レンタルってどういうこと?5W1Hで簡潔にまとめたよ
「ネスプレッソが無料で使えるらしい」と聞いたけど、具体的に誰がいつどうやって使えるのか分かりませんよね。このページではネスプレッソ無料レンタルの概要を5W1Hに分解!分かりやすく解説しました。メリット・デメリットについても記載しています。

エアロチーノのまとめ

エアロチーノで作る弾力のあるモコモコ泡を初めて飲んだ時、本当にびっくりしました!

「感動した」という言葉がピッタリの泡。

今まで感じたこともない食感。

カフェで飲むカプチーノに負けないどころか、遥か上を行くおいしさ。

是非エアロチーノの泡をたっぷり乗せてネスプレッソを味わってください。

自宅カフェに病みつきになりますよ!

\エアロチーノとご一緒に/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする