【使ってみた】ドルチェグスト「ジェニオ アイ」を口コミ!旧商品との違いを比較

2019年4月1日に発売されたばかりの「ネスカフェドルチェグスト ジェニオ アイ」を早速購入しました!

ジャーン!!

ネスカフェドルチェグストジェニオアイ

「ジェニオアイ」はネスカフェドルチェグストの中でも一番新しいマシン

しかも今なら無料レンタルできる、大注目のドルチェグストマシンです。

定価は約15000円なのに無料で使えるなんてスゴイ!

ネスカフェドルチェグストジェニオアイの最大の特徴はIoTモデルであること。

IoTとは「Internet of Things」の略。

モノとインターネットを繋げて生活を豊かにするマシンです。

例えば、amazonエコー(アレクサ)はIoTマシンの代表ですよね。

今回は私が実際に使って感じた「ジェニオアイ」の特徴をお伝えするとともに、ネスレの人気マシン「ジェニオ2プレミアム」との比較をしたいと思います!

マシン名 ドルチェグスト ジェニオアイ
大きさ 幅16.5×奥行23.1×高さ30(センチ)
定価 13455円(税抜)
タンク容量 650ml
ポンプ圧力 最大15気圧
重量 2.6kg
電源 100V、50/60Hz
特徴 bluetooth接続によるIoTマシン

\無料で最新マシンが使える/

IoTマシン「ジェニオアイ」の2つの特徴を口コミ!

ネスカフェドルチェグスト「ジェニオアイ」とスマホを連動させている

「ジェニオアイ」は、ドルチェグスト唯一のIoTマシン!

ジェニオアイとスマホを繋げることで、ジェニオアイ独自の2つの機能を使うことができます。

ジェニオアイ 2つの特徴
  1. 湯量や熱さを調節できる
  2. 飲むたびにポイントが貯まる

湯量や熱さを調節できる

従来のドルチェグストマシンでは、抽出されるお湯の温度はすべて一律でした。

また、お湯の量も、一杯淹れるごとに手動で設定していました。

しかし、新発売の最新機種「ジェニオアイ」ならば、お湯の熱さを3種類から選べるし、お湯の量もスマホに予め設定しておくことができます。

自分好みのレシピが作れる!

だから、猫舌の人は火傷しないで済むし、ポットに入れてコーヒーを持ち運ぶ人は一番温かい温度のコーヒーを作れたりします。

アメリカンが好きな人や大きめのマグを使う人は湯量をボタン1つで増やせるのも便利です。

私はveryHotにしてフーフー言いながらコーヒーを飲みたい!

飲むたびにポイントが貯まる

NESCAFE Point

また、ジェニオアイなら、ドリンクを淹れるたびにネスカフェポイントを貯めることができます。

これもジェニオアイだけの新機能!

ネスカフェポイントを貯めると、プレゼントがもらえたり、抽選に応募できるんです。

ジェニオアイ以外のドルチェグストだったら、どれだけコーヒーを飲んでも何ももらえないことを考えると、ジェニオアイはかなりお得ですよね!

ポイントが貯まったときにスマホから鳴る「チャリン♪」という音も可愛いです☆

なお、温度調節したりポイントを貯めたりするには、自分のスマホにネスレアプリをダウンロードして、bluetoothでジェニオアイと繋げることが必要です。

繋げ方は簡単ですので安心してくださいね。

\無料で最新マシンが使える/

ジェニオアイの使い方を口コミ!簡単操作&掃除法

せっかく美味しいドリンクが飲めても、準備や後片付けが大変なのはイヤですよね。

その点、ジェニオアイは大丈夫。

従来のドルチェグスト同様、操作方法も掃除も簡単です。

私の70歳の母もドルチェグストを使いこなしています。

ボタンを押してクルクルするだけ

ジェニオアイの使い方は本当に簡単なんです。

まずは、スイッチを入れますよね。 

赤から緑色に変わったら、カプセルをセット。

指先で湯量を調整&ボタン(赤or青)を押す!

これだけなんです・・

しかも、先ほどご紹介したネスレアプリを使えば、カプセルをセットした後の手順はすべてスマホでチャチャっとできてしまいます。

ジェニオアイの掃除方法も簡単!

ドルチェグスト「ジェニオアイ」の掃除も簡単。

基本的に、こぼれた部分を拭くくらい。

定期的に湯垢洗浄が必要ですが、「湯垢洗浄」と言っても洗浄液で水通しするだけですから、「大変な掃除」とは一線を画す手軽さです。

もちろんカプセルタイプのコーヒーマシンだから、面倒なコーヒー豆の処分も不要。

忙しい朝や疲れた日でもドルチェグストなら簡単に美味しいコーヒーが飲めますよ。

\無料で最新マシンが使える/

ドルチェグストジェニオアイとジェニオ2プレミアムの違いは?

最後に1つ前の人気マシン「ジェニオ2プレミアム」と「ジェニオアイ」を比較したいと思います。

というのも、新商品「ジェニオアイ」は人気マシン「ジェニオ2プレミアム」とルックスがそっくりなんですよ。

実際のマシンを比べてみましたが、ほら!

ルックスはほぼ同じ!

新製品ジェニオアイと旧製品ジェニオ2プレミアムの比較

だけど機能や使い方は何か違うはず!

そう、もちろん機能が追加されて使いやすくなっています!

そこで、「ジェニオアイ」と「ジェニオ2プレミアム」では何が違うのか、どこが変わったのか比較したいと思います。

ジェニオアイとジェニオ2プレミアムの比較

ジェニオアイとジェニオ2プレミアムの違いを比較表にまとめました!

ジェニオアイ ジェニオ2プレミアム
ホワイト
チェリーレッド
ピアノブラック
ワインレッド
オートストップ機能 あり
サイズ 幅16.5cm
高さ30.0cm
奥行23.1cm
幅16.5cm
高さ29.6cm
奥行き25.7cm
重量 約2.6kg 2.7kg
タンク容量 650ml 1L
ポンプ圧力 最大15気圧
スマホ連動 あり なし
操作方法 タッチパネル レバー
電源 100V, 50/60Hz
定格消費電力 1460W
待機時消費電力 0.4W
使用環境温度 5℃~45℃
定価 13455円(税抜) 9799円(税込)
無料レンタル あり  なし

大きな違いとしては、前述のスマホ連動機能と操作方法。

操作は、レバーではなく、スクロール型になりました。

あとは、大きさはほぼ同じですが、水を入れるタンクの容量が少し小さくコンパクトになった模様。

たくさんの人が使うオフィスには向いてないかなー。

色も今までは赤だけでしたが、ジェニオアイはホワイトが出ましたね。

created by Rinker
ネスレ日本
¥10,857 (2019/08/23 21:12:15時点 Amazon調べ-詳細)

現行モデル「ジェニオ2プレミアム」の今後

ジェニオアイの発売を知らせるネスレのプレスリリースにはドルチェグストマシンの一覧が載っていたのですが・・・なんとそこには人気機種「ジェニオ2プレミアム」が掲載されていなかったんです。

ネスカフェドルチェグストの全マシン一覧

ということは、きっと「ジェニオアイ」の発売に伴って、「ジェニオ2プレミアム」は販売終了になるのかな・・と感じました。

バリスタも「バリスタi」の発売に伴い、「バリスタi」は終売になりました。

ドルチェグストジェニオアイのまとめ

今「ジェニオ2プレミアム」を使っている私としては、ジェニオアイを使うとどんな風に私のコーヒーライフが変わるのか気になります。

私は熱めが好みなので、熱いコーヒーを淹れられるのなら嬉しいです。

ただ、その反面、標準よりも熱めのお湯でコーヒーを抽出することによりコーヒーの味が劣化したりしないのか気になります。

また、湯量も調節できると思うのですが、たとえば湯量を増やすとコーヒーのエグ味が出たりしないのかも気になります。

どうせなら一番美味しく飲みたいですから!!

新商品の販売にあたり、その辺りの疑問についてもネスレから発表があると嬉しいですね。

\無料で最新マシンが使える/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする