ママ友が遊びに来ても怖くない!ドルチェグストでおもてなし&ママ友カースト問題を解決できる4つの理由

こんにちは!管理人のマキです。

私には中学生と幼稚園児の二人の子供が居ます。

上の子はもう中学生ですから、お友達や親御さんが遊びに来ることは少なくなったけれど、下の子絡みの来客はまだまだ沢山。

そんなとき、私が一番心を悩ませていたのが「飲み物」問題!

特に初めて遊びに来るママ友は好みが分からないので、何を出して良いものか・・・と、いつもコンビニをウロウロしていました。

でもね、ドルチェグストを買ってからは、飲み物の悩みが一切なくなりました。

ママ友にもすっごく喜ばれるので、本当にオススメですよ。

↓↓今なら無料でもらえるチャンス!来客時に大活躍のドルチェグスト↓↓
14種類以上のカフェメニューを一台で楽しめる/ネスカフェ ドルチェ グスト

来客時にドルチェグストがあれば非常に使える4つの理由

ママ友などの来客の好みに細かく対応できる!

ママ友の好みなんて気にしないで、コーヒーとか適当に出しちゃえばいいじゃん?

なんていう私の心の叫びもあるのですが(笑)、いやいや、そんな簡単なものじゃない。

だってさ、一口に「コーヒー」って言ったてね、

ミルクや砂糖は入れる?

あ、ブラックが好きなの?

ていうか、今日熱いからアイスコーヒーが良かったね、ホットでごめん・・

え!コーヒー苦手で飲めないの?

あ、なんかごめんね・・ほんとに。

みたいなね。

そんな会話も容易に想像できてしまいますよね?

で、「○○ちゃんのママって、コーヒーしか用意しないなんて、本当に気が利かないなぁ」とかね、口には出さないまでも、心の中で思われちゃうと嫌なんですよ私。。

ぶっちゃけて言うと、やっぱりさ、今の時代は色々面倒じゃないですか、ママ友問題(笑)

娘の通う幼稚園では、そんなことはないと信じていますが、やはりもしかしたら「ママ友カースト」とかあるのかもしれないなと。

自分がマウンティングをしようなんて思わないけれど、私が誰かに勝手にカーストを付けられたとしても、お願いだから最下層とかにランクインするのは避けたい。

自分だけならいいけれど、娘のこともあるからね。

これから小学校、中学校と成長していくのに、幼稚園児の段階で最下層に位置付けられたらたまったもんじゃない。

だから、娘のためにも、ママ友には気を遣っていたいのです。

というわけで、長くなりましたが、ドルチェグストは15種類以上のカプセルがあるんですよ。

コーヒーだけでも8種類。

コーヒーの飲めない甘ったれママちゃんのためには、宇治抹茶やティーラテ、ソイラテ、チョコチーノなんていうカフェメニューも充実しています(ちなみにチョコチーノはお子様にも大人気!)

沢山の種類のカプセルを常備しておいて、「どれにする?」と選んでもらいましょう♪

15種類もあるのに、「どれも好みじゃない」なんていうバカったれママちゃんは、速攻帰ってもらいましょー。

味がとても美味しい!

ドルチェグストは世界中で3000万台も売れている大ヒット商品!

「とても美味しい!」というのも大ヒットする理由の1つなんでしょうね。

カプセル構造によってコーヒー豆の酸化を防ぐとともに、15気圧でブワッと抽出するので、簡単に挽きたてのエスプレッソコーヒーを楽しむことができます。

コーヒーの上に広がる「クレマ(泡)」もいいですよ。「泡があるだけで、こんなにコーヒーの口当たりが違うんだ♪」というのを是非実感してみてください。

リーズナブル!

そうそう、実はリーズナブルなんですよ、ドルチェグストって。

というのも、公式サイトで「カプセル定期便」を申し込めば、マシン本体は無料でゲットできますし、カプセルも10%オフで購入できるんです。

コーヒーマシンが無料でもらえる!【ネスレ日本公式】

コーヒー1杯あたり、約51円、ラテ系のカフェメニューは約110円といったところ。

ちょっと高くない?」と思われるかもしれませんが、私はそうは思えないんです。

だって私、ママ友が来るたびにコンビニで沢山の飲み物を買っていましたから・・・

午後ティー、カフェラテ、ハーブティー、日本茶、スタバのチルドパック、100%ジュース、TBCのコラーゲンジュース等々・・・を毎回どうしようどうしよう・・・と悩みながら準備することを思えば、全然安かったです。

とにかくみんなが喜んでくれる!

やっぱりね、みんなCMを見て「ドルチェグスト」のことは知っているけど、飲んだことがある人は少ないみたい。

ドルチェグスト飲まない?」とママ友に声をかけると、だいたい次の4ステップになります。

1.「えー!ドルチェグストあるの~?」ととても喜んでくれる。

2.みんなで「どのカプセルにしようか~」と大はしゃぎで選ぶ。

3.コーヒーの香りがふんわりと部屋に漂い始めて「おうちじゃないみたい」と盛り上がる。

4.自分で選んだコーヒーやラテを飲んで「おいしー☆」とにっこり。

もうこの4ステップだけでね、完全にアトラクションですよ、アトラクション。

初めて集まるママ友がいても、これがアイスブレイクになって、その後の会話も弾みます。

だから、私はママ友が家に遊びに来るたびに「ドルチェグストが家にあって良かったな」と思うんです。

ママ友だけじゃありません。家族だって喜んでくれます。

テスト前には、中学生の長男に「勉強がんばってね」と特別にコーヒーをあげちゃいます!

本人も「いつもは飲めないコーヒーが飲める」ことが嬉しいみたいで、反抗期真っ最中のくせに可愛い笑顔を見せてくれるから(笑)、私までホッコリします。

あとは、子供が寝た後に、主人と二人でコーヒーを飲みながら、「○○ちゃんがね、今日幼稚園の調理実習でおにぎり作ったんだって」とか他愛のない話をしたみたり・・・

ドラマで主役よりも脇役が光ったりするのと同様に、もしかしたら我が家の平穏もドルチェグストが「脇役」として支えてくれているのかもしれません。

さあ、今日もまずは、ドルチェグストでコーヒーを入れて、我が家にコーヒーの香りをいっぱいに広げよう!

掃除も洗濯も、それからそれから!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする